待てる土地選びがお勧め

不動産投資のための収益物件は、時間を掛けて選ぶのがお得です。待てば待つほどお買得物件の土地が出てくる可能性が高いからです。現在売りに出ている土地は、いわゆる売れ残った土地です。言い方が悪いですが、適正価格以下のお買い得な土地は、既に売れてないのです。通常、お買い得価格で売りに出された土地は、広告に出す前に売れてしまう場合すらあります。

そのからくりは、こうです。条件を伝えて、不動産会社からの連絡を待っている人々がいます。土地を売りたいお客様が、不動産屋にやってきます。土地の売値は、お客様が決めるのですが、早期に手放したい場合、不動産会社の社員も驚くような値段を設定してきます。その情報を真っ先に伝えると、現地を見てすぐに買うことを決めてしまうのです。

なぜならば、他者に買われたくないからです。こうなると、広告に出す必要はありません。人目に触れず売れるということは、土地の相場価格を維持する上でも非常に重要です。土地に限った話ではなく、お買い得なものはすぐに売れますし、売れ残っているものは、お買い得感がないから売れ残っているのです。



コメントは受け付けていません