少しでも安い値段で土地を手に入れるなら

駅やスーパー、他にも病院、学校などといった施設が歩いて数分のところにある土地は、どうしても値段が高くなってしまいます。
そのため、潤沢とは言えない資金しかない我が家には非常に厳しく、チラシに書いてある金額を見た瞬間に諦めるしかありませんでした。
ただ、不動産投資セミナーにも参加したのですが、いくつもの土地を見て行くうちに、どういったものが高くなるのか、逆にどれがお買い得なのかが見えてきます。
例えば、正方形や長方形といった土地は、それほど広くなくても高額になる傾向にあります。やはり無駄なく土地を使えるからなのでしょう。
それに対して歪な形の土地の場合は、建てられる家に制限が出るため、坪単価は驚くほど安価になっていることも珍しくありません。
それに加えて、土地の強度も見逃せない点です。なぜなら地盤が弱くて改良が必要だと、せっかく土地を安く買えても、結果的には費用がかかってしまうのです。
この二点に注目して選んだおかげで、相場よりも安い値段で土地を買うことができました。



コメントは受け付けていません